自ら答えを探し、学び合う立教小学校のICT教育 | 学校法人 立教学院

2020年度より、全ての小学校でプログラミング教育が必修化されます。全国に先駆けてICT教育を推進してきた立教小学校では、「情報科」の授業において2017年度からすでにプログラミング教育を導入し、先進的な取り組みを進めています。同校の石井輝義メディアセンター長に、必修化の背景や、立教小学校におけるICT教育・プログラミング教育の今について伺いました。
— 読み進める www.rikkyogakuin.jp/pickup/fr9ga20000000k8r.html

新しいMac Pro、春にくるかも – 記事詳細|Infoseekニュース

Image:Hadrian/Shutterstock.com待ってたぜ、進化したモンスター(なお買えるとは言ってな
— 読み進める news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_264305/

2022年の最後の日に思うこと

今日は12/31、大晦日。

2022年もいろいろなことがありました。

どちらかといえば、守られなかった約束の方が多くあった年だという印象。

けっして身勝手な約束ではないと思っていますが、自分にとっては不利な約束に限って守ってもらえなかったように思っています。

リスペクトもされず、心のわだかまりはますます強くなっています。

心が前に向かないから、ストレスばかりがたまり続けた2022年。

コロナ禍を乗り切ったことで、心は完全にバーンアウト。

心の渇きを満たすために、新しいことに挑戦しなければ、倒れてしまいそう。

明日からは、2023年。

変わってもらえないなら、自分から変えていくしかないという思いが非常に強くなっています。

変わらないなら、自分が動いて変えるしかない。

そんな思いをもって、2023年を迎えようと考えています。

小学生が「今年わくわくしたこと」1位は修学旅行、推し活もランクイン!|ベネッセ教育情報サイト

【ベネッセ|育児・子育て】長引くコロナ禍にありながら、日常生活が戻りつつあった2022年。不安定な社会情勢に直面しながらも、小学生たちはどのようなことに心を躍らせていたのでしょうか?
— 読み進める benesse.jp/kosodate/202212/20221214-1.html

授業のICT活用はどこまで進んだ?|ベネッセ教育情報サイト

【ベネッセ|教育動向】学校では、1人1台のタブレット端末を使う機会がだんだんと増えてきています。国の政策により、教室の情報通信技術(ICT)環境がここ数年で大きく改善したためです。整備された環境をさらに生かし、子どもたちの学びにつなげるためには、どのような課題があるのでしょうか。
— 読み進める benesse.jp/kyouiku/202212/20221226-1.html

小学校入学「友達との関わり」過半数が不安…学研幼児白書 | リセマム

小学校に入学するにあたり他者との関わりや新しい環境への順応に不安を感じている幼児が多いことが学研教育総合研究所の調査結果より明らかになった。また、保護者の約6割が、同世代の子供と比べて気になることが「ある」と回答している。
— 読み進める s.resemom.jp/article/2022/12/28/70222.html

ソニー「mocopi」’23年1月20日発売決定。予約は12月22日10時から受付開始 – 記事詳細|Infoseekニュース

ソニーは、モバイルモーションキャプチャー「mocopi」の発売日を2023年1月20日に決定。直販サイト「ソニース
— 読み進める news.infoseek.co.jp/article/mynavi_2531419/

TwitterのマスクCEO、アンケート結果「辞めるべき」が57%で多数派に 全投票数は約1750万票 – 記事詳細|Infoseekニュース

米Twitterのイーロン・マスクCEOが12月18日(現地時間)に投稿した自身の進退を問うTwitterアンケー
— 読み進める news.infoseek.co.jp/article/itmedia_news_20221219169/

iPhoneがバキバキに割れる悪夢

まさに悪夢。

今年の2月にようやく手にしたやっと手にしたiPhone 13 Pro Maxがバキバキに割れた。

わー!

と思って目が覚めた。

夢?

本当の悪夢ってこういうことか?

夢で良かったと思いつつ、現実になったらと冷や汗。

心が疲れ果てているんだろうなあ、と自らの暮らしを振り返る。

体の疲れよりも、心の疲れ。

上顎洞炎に、坐骨神経痛。

今年の下半期は、痛みとの戦いが続く。それもこれも、はっきりした原因が医学的にないから、ストレスに原因が求められる。

身体よりも、心を休める方法をみつけないと、もう体がもたないような今日この頃。

自分がしていることが認められないのは、悲しいことです。

自分は一生懸命にやっている。

しかし、それがまったく認められていない。

そういう気持ちになることは、悲しいことです。

多分、自分の評価と、他からの評価が大きく食い違っているということなのだと思います。

自分はたくさんの有益なことをしている。

しかし、それが評価すべき人から見れば、取るに足りないことなのでしょう。

自分のしたことに対する自己評価。自分のしたことに対する他者評価。

それがあまりにもかけ離れているということなのだと思います。

評価されない、ということは、他者からみれば己のしたことが評価するに値しないということなのだと思います。

評価されない。リスペクトがない。

そう嘆くことをやめることにします。

評価されないならやらない。

リスペクトがないなら、やらない。

そう考えた方が気持ちが楽になる気がしています。

Windows大好きでも「Mac」を軽視してはいけない理由:Windows使いのための「Mac」管理ガイド【第1回】 – TechTargetジャパン

クライアントデバイスの主流が「Windows」搭載PCであることは確かだ。だからといって「Mac」をむげに扱ってよいわけではない。それはなぜなのか。
— 読み進める techtarget.itmedia.co.jp/tt/spv/2211/06/news01.html