自ら答えを探し、学び合う立教小学校のICT教育 | 学校法人 立教学院

2020年度より、全ての小学校でプログラミング教育が必修化されます。全国に先駆けてICT教育を推進してきた立教小学校では、「情報科」の授業において2017年度からすでにプログラミング教育を導入し、先進的な取り組みを進めています。同校の石井輝義メディアセンター長に、必修化の背景や、立教小学校におけるICT教育・プログラミング教育の今について伺いました。
— 読み進める www.rikkyogakuin.jp/pickup/fr9ga20000000k8r.html

Society5.0時代に向け「ICT教育」を推進する文科省の本気度 | ICT教育ニュース

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」を読む 6月25、文部科学省から「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」という報告書が発表されました。そ […]
— 読み進める ict-enews.net/zoomin/19society5-0/

自分に都合が悪いときこそ、言葉の意味を深く考える必要がある。

これも整体で、身体を壊されて学んだこと。

治してくれないから、絶縁。

それを都合よくとらえて、謝罪も止めてしまう。

本当は、そんな時こそ謝罪を続ける方法を探るべき。

文句を言われ続けるなら、絶縁してもらった方が楽、なんて考えているようでは、謝っていることにはならない。

都合の悪いときこそ、本当の意味を考えないといけない。

そうしないと、本当の意味での信用を得ることはできない。

もう絶縁したのだから、相手がどうなろうと知らない。

多分、消え去る運命の人々なのだと思う。

「あおば式施術メソッド」というのは、人の身体を壊すこと?

「あおば式施術メソッド」というのは、人の身体を壊すこと?

肩と首を、いわゆる肉離れにされた。

もちろん、激痛が続いた。

治してくれないから、もういかない。

謝ってもくれないから、もういかない。

夏休みが激痛で、半分以上なくなってしまった。

この責任は、どうとってくれるのだろう!

誠意ある対応がまったくされないので、もう関係を絶つしかないと思った。

ままともプラザの整骨院で作られた痛み。

その認識はお互いが共有している。

自分たちで新たなそして劇的な痛みを作り出しておいて、真っ当な謝罪もできない。

こちらは真っ当に謝ってもらったなんて、微塵も感じられない。

ある意味での医療ミス。

整骨院が医療機関じゃないというなら、完全な施術ミス。

それに対して、きちんと謝罪すらしない。

驚いたのは、痛みを抑えたいなら整形外科に行って痛み止めをもらえと言われたこと。

お金はこちらで支払う、と言いながら、一度も整形外科に行ったかどうかを聞いてこない。

黙っていれば支払わなくてもよいから声かけをしない?

こちらから言うのを待っていた?

どちらも真っ当に謝罪の意をもって対応したとは思えない。

一週間ほど仕事で通えない。

携帯電話の番号も聞いているのに、様子伺いの電話も来ない。

何のために携帯電話の番号を書いて出しているのか?

謝り方も知らない人たちを、どうやって信用しろというのだろうか?

ミスを犯したには、整骨院の人。

整骨院は親会社がある。

親会社の偉い人が責任をもって謝罪するなり、別のところから優秀な人を連れてきて施術するなりの対応だってできたはず。

それもしない。

最後の責任は、そこに整骨院を作って、そこで働く人を雇った会社の責任。

少なくとも痛みも消せない輩を医院長にして開業したのは、開業させた会社の責任。

間違って痛みを増幅させたんだから、それを治せない以上、謝るべきが謝るのが筋というもの。

謝ろうという気持ちがないんだよね、結局。

自分たちは精一杯できることをしているんだから間違っていない。

こんなわけのわからない理屈で、こちらは3週間近くも痛みに苦しみ続ける羽目に。

そこを選んだこちらが悪い、とでも言いたいのだろうか?

確かに整骨院を選んだのは、こちらに責任がある。

しかし、まさか痛みをとって欲しくて通ったのに、痛みが増すなんて、誰も考えない。

誠意がない。

きちんと誤らない。

もう何を言っても、無駄だと判断した。

だから、これまでに払ったお金をすべて返してもらって、絶縁することにした。

心がないところに、身体を預けることなどできない。

まったく痛みが軽減されない場所に、もうこれ以上通う意味がわからなくなった。

だから、もう絶縁。

心中は穏やかならず。

クラリスの復活にビックリ!

FileMaker、社名を昔の「Claris」に回帰。データベース主軸から多角化へ – Engadget 日本版

Claris

アップル子会社の米FileMakerは、社名を「Claris International Inc.」に変更したことを発表しました。フロリダ州オーランドで開催中の「FileMaker 開発者会議(DevCon)」にて発表されたもので、かつての社名「Claris」が復活したことになります。

また、社名変…
— 読み進める japanese.engadget.com/2019/08/07/filemaker-claris/

Kyenoteをメモ帳にする

Kyenoteで可能になった手書き。

メモ帳に使えるアプリはたくさんあるけど、Kyenoteならすぐにプレゼンにも使える。

保存先もiCloudにすれば、iCloudで共有できる。

Kyenoteをメモ帳がわりに使う!

キーノードの入力が限界。

キーボードよりも手書きの方が便利?

これは、日本語だから?

それともアルファベットの言語でも同じ?

入力デバイスのキーボードの限界を感じ始めた。

「教えない授業」を一気読み

中心療法研究所で肩と首の激痛が軽減。

やっと痛みに戻った。

そこで山本先生の「教えない授業」を一気読み。

自分の実践が裏付けられたようで、とてもありがたい。

教えない?

喋らない。

先生が喋っている時間を、子供の学びの時間にする。

問いかける。

これだね、自分の授業は!

問い続ける授業。

教えるのではなく、子供たちに問い続ける。

そのことで、子供たちの学びは、これまででは考えられないほど豊かになる。