(ビジネス)『大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実』 仲村和代、藤田さつき〈著〉:朝日新聞デジタル

■無駄の裏で生じる無理、描き出す 安くておしゃれな服。24時間何でも買えるコンビニ。そんな“豊かさ”の代償について考えさせられる書である。 売れ残った服が集まる倉庫、古着のリサイクル工場、廃棄された…
— 読み進める www.asahi.com/sp/articles/DA3S14038497.html

【対談】北九州市はなぜSDGsで旗を挙げたのか 〜地方行政と未来課題〜 | Sustainable Japan

国連持続可能な開発目標(SDGs)に対する国内での関心が高まる中、地方自治体としてよく名前があがる都市がある。福岡県の政令指定都市の一つ、北九州市だ。2017年12月に、外務省の第1回「ジャパンSDGs アワード」で受賞団体の1つに選
— 読み進める sustainablejapan.jp/2019/05/30/kitakyushu-sdgs/39874

【日本】JR北海道、猛暑で列車を運休。レール変形のおそれ。気候変動による交通網影響が顕在化 | Sustainable Japan

JR北海道は5月26日と27日、猛暑の影響で、一部列車を運休した。暑さでレールが歪み運行に支障をきたすリスクが発生したため。ダイヤも大幅に乱れ、北海道の幅広い地域で交通網が混乱した。気候変動の影響で、交通網ストップのリスクがあることが顕在
— 読み進める sustainablejapan.jp/2019/05/29/jr-hokkaido-train/39851

まさか気温の上昇が線路をだめにするとは思わなかった。

【日本】秋田県の国有林で建設の山葵沢地熱発電所、営業運転開始。23年ぶりの大規模地熱 | Sustainable Japan

電源開発、三菱マテリアル、三菱ガス化学の3社が共同出資した湯沢地熱は5月20日、秋田県で2015年5月から建設を進めてきた「山葵沢(わさびざわ)地熱発電所」が営業運転を開始したと発表した。設備容量10MWを超える大規模地熱発電所の稼働は、
— 読み進める sustainablejapan.jp/2019/05/26/geothermal/39801

【日本】食品ロス削減推進法、成立。国、自治体、企業に努力義務。フードバンクへの提供も推進 | Sustainable Japan

参議院本会議は5月24日、食品ロス(可食部の食品廃棄物)を削減するための新法「食品ロス削減推進法案」を可決。同法が成立した。6ヶ月以内に施行される。同法では、国や地方自治体に対し食品ロス削減の責務があることを明記した。しかし、国や地方自治
— 読み進める sustainablejapan.jp/2019/05/26/food-loss-reduction-law/39811

【EU】EU理事会、2021年から使い捨てプラ使用禁止のEU法案可決。同EU指令が成立 | Sustainable Japan

EU上院の役割を果たすEU理事会は5月21日、海洋プラスチック問題の原因となっている10大・使い捨てプラスチックの使用を禁止する「使い捨てプラスチック指令案」を正式に可決。同EU指令が成立した。ストロー、マドラー、食器(ナイフ・フォーク・
— 読み進める sustainablejapan.jp/2019/05/23/eu-plastic-ban-directive/39763