口答えをするクラスは信頼関係ができていない。

なぜか毎年、口答えをするクラスというのが現れる。
これが、すべてのクラスではないのが実に不思議。

あるクラスだけ、口答えをする子供たちが多く出てくる。

すべてのクラスの子供が口答えをする傾向が強いのであれば、学年の傾向やその学齢の特色と考えることができる。
しかし、同じ学年でも、注意をすると素直に聞くクラスと、口答えをするクラスに分かれる。
本当に、不思議。

口答えをするクラスは、多分、担任との信頼関係に課題があるクラスだという結論に達した。

大人の言うことを素直に聞くことができないというのは、身近な大人との信頼関係が成り立っていないことが原因だと考えている。
子供たちが安定したクラスは、授業がやりやすい。
こちらの指示を、すべてをポジティブに聞いてもらえる。

それに対して、不安定なクラスでは、すべての指示をネガディブに聞く傾向がある。
指示を出しても、それが通らないので実に授業がやり抜くい。

学びの前提は、心の安定。

教室や家庭で心が安定していると、学びは自然と深まっていく。
心の安定にもっとも必要なのは、信頼関係の成立。
大人との信頼関係が成り立っていることが、心の安定の前提となる。

クラスで大人との信頼関係ができあがっていないと、子供たちは心穏やかにクラスで過ごすことができない。

口答えは、大人への反発。
大人に不信感を持っていれば、指示されたことにいちいち突っかかり、口答えをしなければならないのだと思う。

インプットの意味の転換

これまでは、テストで点を稼ぐためのインプット。

これからは、アウトプットするためのインプット。

テストに限られていたアウトプットからの解放!

テストにも、というアウトプットの大転換。

教員養成が変わらないと学校は変わらない。

2020年4月、文教大学教育学部改組~子どもの学びをつなぐ、教育のスペシャリストを育てる~|文教大学のプレスリリース

文教大学のプレスリリース(2019年7月24日 15時02分)2020年4月、文教大学教育学部改組~子どもの学びをつなぐ、教育のスペシャリストを育てる~
— 読み進める prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000043752.html