Zoomで東初協メディア部会の運営委員会を開かざるを得ないという異常な事態。

非常事態宣言を受けて、人が集まることを極力、避けることが求められている。
そういう中でも、進めなければならないこともある。

昨日は「お試し」で、東初協のメディア部会をZoomで行った。

人が会えないということは、なんと不便なことか!

今後、ネットを通じた会議が当たり前になって行くのだろうか?

デジタルイミグラントとしては、どうしても違和感を感じざるを得ない。
これが当たり前の世代にとっては、ネットを通じたコミュニケーションが日常化していくということになるのだろうか。

新型コロナウイルスの感染拡大で、問われてるのは「学校」だけでなく、人のコミュニケーションのありかたになるのではなかろうか?

都立高校、新学期の再開先送りへ 都内の感染者拡大、経路追えない患者も増加(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は31日、新学期からの学校再開時期を遅らせる方向で調整を始めた。都関係者への取材で判明した。感染経路を追えない患者の増加が止まらず、慎重な対応が必要と判断し
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

学校が危うい?新型コロナは学校でさえ他人事ではなくなってきた。:文科省が休校や学級閉鎖が望ましいと見解(共同通信) – Yahoo!ニュース

文部科学省は21日、在籍児童の新型コロナウイルス感染が判明した北海道中富良野町立中富良野小について、休校や学級閉鎖などの臨時休業措置をとることが望ましいとの見解を道教育委員会に伝えた。
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl