「教えない授業」を一気読み

中心療法研究所で肩と首の激痛が軽減。

やっと痛みに戻った。

そこで山本先生の「教えない授業」を一気読み。

自分の実践が裏付けられたようで、とてもありがたい。

教えない?

喋らない。

先生が喋っている時間を、子供の学びの時間にする。

問いかける。

これだね、自分の授業は!

問い続ける授業。

教えるのではなく、子供たちに問い続ける。

そのことで、子供たちの学びは、これまででは考えられないほど豊かになる。