DQ Worldの実践事例を紹介していただきました。

これから重要になるデジタル・シティズンシップ

そのための教材として、2021年度にEdtech導入補助金の活用で展開したDQ World。

DQ Worldは、Webベースで、子どもたちが自分で学びを進めることができます。

 

学校に集まって子どもたちが、別々に学びを進めても意味がない。

 

そう考えて「ジグソー法」を取り入れて、個人の学びを協業的な学びにする試みをしました。

ジグソー法について、不十分なところもありましたが、たくさんの学び合いが生まれました。

その展開を、CyberFelix様のホームページで紹介していただきました。

 

ジグソー法を用いたDQ Worldの展開 – CyberFelix:

投稿者:

情報科な日々

Apple Distinguished Educator 2015 Apple Teacher Swift Playgrounds

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。