大豆の系統図も終わりに近づく?:5年生家庭科の1学期の6回目

投稿日:

2017年5月25日、5年生家庭科の1学期の6回目。

5年生で進めてきた大豆の系統図。
もうそろそろお終いでも良さそうですかね。

時間の使い方の加減が難しい。
少ないと、意味がない。
多すぎるとふざけ始める。
終わった、という思い込みが出てくると、おふざけが始まる。

時間の加減が難しい。
毎年、同じで良ければ悩むこともない。
なぜか、毎年、必要な時間が違う。
費やす時間が、毎年、違うのはなぜ?

今年は、そろそろ潮時。
尻尾をどうするか、示した方が良さそうな気がする。

時間の限り全力を尽くす。
これが苦手。

一斉に同じでことをする。
これと同じくらい苦手。

軍事教練ではないから、というのはわかるけど、なぜか同じことが同時にできない。
これでは一斉授業は成り立たない。
授業の問題だけに止まるなら良いけど、今後が心配。

それもそれ。
いまの時代に特徴的なことだと思うことにしましょうか。

一斉に、が苦手だけじゃない。
同時に複数の指示を聞くことも不得意。
全員に向けて、複数の指示が同時に出せない。
自分に合わせて話を聞くこともできない。

一斉にも聞けない。
同時にも聞けない。

個々人に懇切丁寧に話しかけないと、話が聞けない。
1対1の弊害?
そういう訓練がされていないから、話を聞き取りにいくことができないと思っている。