ジグソー法のその前には続く:4年生情報科の3学期の9回目

投稿日:

2017年3月7日、4年生情報科の3学期の9回目。

地方別に分かれて、都道府県を学ぼうという作戦の4年生の情報科。
地方ごとに「魅力」を書き出して、それを共有して全国を知ってしまおうという試み。

それがジグゾー法的な学びにするつもりだったんだけどなあ。

ちょっと作戦失敗(?)。
つねに失敗はないと思っているので、失敗ではない。
それは断言しよう。

思ったよりも、「都道府県の魅力」という点について子供たちが戸惑ってしまった。
「魅力」なんて考えたこともないんだよね。
残念ながら、魅力を感じるんじゃなくて子供たちにとっては、覚えるもの。
これは実に大きな不幸。

学びは覚えるものではあっても、楽しむものではない。

それが悔しくもあり、残念でもある。

知的な活動を楽しくことが無い。
そりゃあ、楽しくなんかないよね。

宿題?
勉強?
暗記?
記憶?
テスト?

それじゃあ楽しいはずがない。
知的な活動が楽しいと思える授業を目指そう。