3年生は準天頂衛星を活用した課題のSTEP1:3年生情報科の3学期の2回目

投稿日:

2017年1月26日、3年生情報科の3学期の2回目。

準天頂衛星を活用した授業の2回目。
3学期は、内閣府にご協力をいただいて、準天頂衛星を活用したミッションに取り組む。

去年は、4年生で展開した内容。
今年は、3年生に下げて見た。
そこから実践的に、情報モラルの基礎を学んでいくことが可能であると思っている。

例えばカメラの使い方。
バースト、連射が大好きな子供たち。
なんでそれが必要?

写真の撮影は、意味をもって行う。
撮影は、意味が問われる。

問われた内容が、撮影に対する意識。
目についたものにシャッターを切る、ということとは違う。
それが写真の基礎基本。

フィルム時代は、とにかくシャッターを切る、なんて許されなかった。
限界が大きかったから。
デジタルにも限界はあるけど、見えにくい。
だから、とにかくシャッターを切る。
あれ?
デジタルの便利さを、悪用しているような気がしてならない。

写真撮影のお行儀。

それだって、情報モラルの基礎基本なのだと考えている。