3年生は3学期の内容を予習:3年生情報科の2学期の9回目

投稿日:

2016年12月9日、3年生情報科の2学期の9回目。

3年生は、3学期の内容を予習。
個人面談が始まって、金曜日だけど3年生の情報科。
2クラスでけ今日の授業。
残り1クラスは、来週の木曜日。
これで3年生の進度は揃う。

とりあえず、Googleドライブへのログインは出来た。
今後は、そこにデータを上げてiPad miniを軽量化する。
その都度、伝えないとダメなんだろうなあ。

ということで3学期の予習にはいる。

2つのコースをiTunes Uに登録する。

小学校3年生:情報モラルリテラシ
もう一つは、「立教小学校:RPS_MCのページを活用しよう

この2つを使って3学期の情報科を進める。
もう今学期は無いと思っていた3年生。
個人面談で短縮期間。
なんとか一時間確保。
それでも2学期で、9回。
一番長い2学期で9回は、ちょっと厳しいというのが正直な印象。

Keynoteの作品を提出したので、3学期の予習に入る。
今後、積極的に活用していく「メディアセンター」のページ。
その使い方も、3学期の課題。

それと同時に、情報モラルが最大の課題。

インターネットは便利な世界?
インターネットは危ない世界?

正解は便利だけど、すごく危ない世界。
使い方を間違うと、危険と隣り合わせ。
安全にインターネットを使うためには、そのためのモラルを学ぶ必要がある。

「そのためのモラル」ということには、正直にいうと違和感がある。
特別なモラルが必要だと言う意識はもっていないから。

インターネットは横社会。
縦社会の現実世界と大きく違う。

それと同時に、正直な世界。
嘘つきはいない、という前提で出来上がっている世界。
性善説で動いている。
悪い人はいないという前提で成り立っている。
だから、悪い人が入ってくると、すぐにやられてしまう。

正直でならない。
例えば、「18歳未満入場禁止」とサイトに記載があったとする。
自分が正直であれば、小学生はそこには入れない。
別のサイトに移動しなければならない。

「18歳未満入場禁止」と書いてあっても、そこをタップしたり、クリックすることは誰でもできる。
「18歳未満入場禁止」とみて、それで正直に18歳になっていなければタップやクリックをしてはいけない。
つまり、自制自律が強く求められる。

「18歳未満入場禁止」を小学生がタップやクリックしても、誰にも気付かれない。
だからタップやクリックをして、そのサイトを閲覧する。
嘘つきならば、「18歳未満入場禁止」を突破できる。

自分で自分に問いかけて、自分で判断することが求められる。

自分に正直であることが、高度に求められる。
ただそれだけ。
難しくはないはず。

現実の世界では、ランドセルを背負っていれば、一目見て小学生だとわかる。
「18歳未満入場禁止」とあれば、姿をみて他の人が駄目出しをする。
しかし、インターネットの世界は自己管理だから、自分以外に駄目出しをする人がいない。

高度に自制を求められる。
高度に自律を求められる。

やって良いこと悪いこと。
その判断を年齢に関係なく、自分に求められる。
つまり自分に正直であることが、極度に求められている。

実はこれ、ネットの世界だから必要なことじゃない。
現実世界だって、そうあるべきこと。
ネットだから、そうあるべきということじゃあない。

横社会であることも、決して難しいことじゃない。
通学の登下校を考えてみればわかる。
通学に公共交通機関、電車やバスを使うことの多い私立小学校。
そこでは、子供の論理は通じない。
大人のルールを守らないといけない。

大きな声で喋る人は、ほとんどいない。
電車の車両を大きな声をだして、走り回る大人なんて見たこともない。
地下道で鬼ごっこをする大人がいますか?

大人のルールのなかで通学をする子どもたち。
それを守らないとお叱りを受ける。
当たり前のことが、当たり前のこととして起こるだけ。

これは現実の世界だけじゃない。
ネットの世界だって、大人のルールで動いている。
大人のルールで動いている世界に、子どもたちが簡単に足を踏み入れることができるようにしてしまった。
その責任は、大人にある。

大人でない子供にも、大人のルールを強制しないといけない世界が、ネットの世界。
子供も大人もない世界。
それがネットの世界。
だから横社会。

日常で大人のルールに従えないのに、ネットでできるはずはない。
日常にそれがないのに、わかるはずはない。

通学に電車やバスを使うことの多い私学。
そこにいる以上、ネット社会のルールは、日常のルールにかなり近いと思っている。

子供が子供であってはいけない世界。
子供が子供のルールを持ち込んではいけない世界。
それがネットの世界。

その点さえわきまえていれば、人と人とのコミュニケーションである以上、モラルに大きな違いは無い。