今週はKeynoteのまとめを進める:5年生情報科の2学期の4回目

投稿日:

2016年10月12日、5年生情報科の2学期の4回目。

今週は、Keynoteでのまとめを進める週。
ムービーによるまとめは、一旦お休み。
今日と明日の家庭科では、Keynoteでのまとめを進める。

iTunes Uに既にコースが公開してある。
それを参考にして、作業を進める。

コースがあっても、それは基本となる事項のみが掲載してある。
すべてがそこにあるわけではない。

細かな指導は口頭で進める。
それをしないとどうなるか?
その実験も進めて見ようという今年の試み。

iTunes Uだけで進めるクラス。
そうせざるを得ない、というのが実は本音。
説明を聞くことが苦手。
じゃあ、自分たちで進めてみなさい、が1クラス。
さてどうなるか?

他の2クラスは、これまでと同じ。
iTunes Uのコースは、基本的な原則だけが記されている。
それを越えるような内容は、説明する。

そうでなきゃ、授業をする意味がないから。
授業ってなに?

教員と子どもたちのコミュニケーションでしょ?

そう思うから、必要最低限の記載と口頭での説明が必要になる。
口頭での説明を拒否されたら、コミュニケーションは成り立たない。
成り立たせようとしないなら、コミュニケーションなしでやってみようという企画。

これはかなり危険な挑戦か?
そう思いつつも、子どもたちは進んでいく。
子どもたちは進んでいくけど、自分の枠からは外で出られない。
自分が決めてしまった枠から外に出るためには、最低限を越えるものが必要になると考えている。

さてどうなるか?
大きな挑戦の過程が始まる。