東京23区の花・木・区章・面積・人口・人口密度をまとめる:3年生情報科の2学期の4回目

投稿日:

2016年10月20日、3年生情報科の2学期の4回目。

東京23区の花・木・区章・面積・人口・人口密度をまとめる課題に進んだ3年生。

Keynoteに、Wikipediaからコピペ。
東京23区を身近に感じること。
さらに、インターネットの情報をコピペする方法を学ぶこと。
画像とテキストのコピペの方法の違いも学ぶ。

コピペは、良くない。

と、よく言われる。
しかし、デジタルになった最大の恩恵ともいうことができると考えている。

コピペは、良くない。

では、ないと思っている。

コピペだけでは、良くない。

この「だけ」という言葉のあるなしで大きな違いになってくる。

もちろん、著作権への配慮も必要。
自分が引用したことを、アドレスという形で明示することも覚えて欲しい。

ここまで一気に課題にすると、混乱する。
そこで、今回はあえて引用を明示しないでコピペ。

その上で、最後にドロボウしたことを子どもたちに伝える。
なりすまし、ということができるかもしれない。
webページから借りてきたものを、あたかも自分のもののように使うのだから、ある意味で「なりすまい」。

インターネットの華やかな時代。
コピペで他人の著作物を、あたかも自分のもののように扱ってしまうことが、多々、見られる。

それが容易にできるから、やっても良いという理屈は通じない。
容易にできるからこそ、自分にそれを問うて、正しいことかを考える必要がある。

自分で自分に問うていく。
正しいことかどうかを自問自答する。

それは、デジタル社会だから必要なことではない。
自問自答は、常に必要なこと。
デジタルだから、より一層、強くそれを求められる。