ビデオレタープロジェクト

投稿日:

2015年12月8日、6年生の英語科、ビデオレタープロジェクト。

諸般の事情で、ビデオレタープロジェクトを担当することに。
1校時から3校時。

前後が良く理解できていないので、少し混乱。
もちろん授業ではなく、自分が混乱。
2回目からは、修正してなんとか組み立てた。

スポット的な授業は、やっぱり苦手。
継続性のあるものに、切り取るような形で参戦するのはかなり厳しい。
諸般の事情だから仕方ない。

元々は、3学期に英語科と「collaboration」で進めていた「ビデオレタープロジェクト」。
自分のことをビデオレターとして、撮影し編集する。

「自己紹介ビデオの作成」ということになるだろうか。
英語というところがミソ。

関西方面フィールドワークで培った撮影と編集。
iPad miniを上手に活用する方法。
その集大成的な意味もあるビデオレタープロジェクト。

つながりが見えなかったので、ちょっと混乱。
流れが見えてくれば、進めるのは難しくない。
流れが見えないと、それを止めてしまうのが恐い。
流れを止めたら、次が大変。

スポット参戦だから、余計に大変。
継続的な参加なら、修正もできるがスポットだとなかかなそうはいかない。

それが非常に難しい。
こちらも、向こうもいつもとは違う。

いつもと違うからこそ、真剣味が大切。
結果としてできた、できないではない。
心構えの問題。

心がひとつになって、ひとつの方向を向いていれば問題はない。
しかし、心がバラバラ。
それじゃあ、目的に向かって進んでいくことはできない。

目的に対して方向付けをするのは、こちらであることは否定しない。
だからといって、進んでいくのはこちらではない。
進んでいくのは、向こう側。

自分から進んでいこうとしていないのに、旗を振っても進まない。
旗を振って、目指す方向を示すまで。
そこに向かって心がひとつになっているか?

それが大切な気がする。

心をひとつにする。


次に向けたキーワード。