関西方面フィールドワークの3日目の見学先を提出したらKeynote。:6年生の情報科その9

投稿日:

2015年6月16日、6年生の情報科の9回目。

関西方面フィールドワークの3日目の見学先を提出したらKeynoteでの下調べを始める。
去年までは、ここはiBooks Authorで進めた。
今年からはiPad miniで進める。

iBooks Authorでブックを作る。
完成したムービーや、コラボノートの記録も貼り付ける。
それができるから、iBooks Authorを使ってみた。

子どもたちは、難なく使いこなすので問題なし。
しかし問題は・・・。

最大の課題は、時間。
情報科は、1学期、4月から7月まで。

関西方面フィールドワークは、2学期の9月。

関西方面フィールドワークの後、実は、まとめの時間を持っていない情報科。

発表会向けに社会科の時間と、音楽科の時間をそれぞれ4時間借用させてもらっている。
借用じゃなくて、いただいている。

そうしないと、せっかくの体験をまとめられない。
時間をいただくことができるだけでも幸せだと思わないといけないのだけど・・・。

すべての教科が通年。
後から生まれた情報科は、通年じゃない。
iPad miniを導入する3年生だけは、なんとか通年で時間を確保。

6年生なんて、時間割がパンパン。
月曜から金曜まで、毎日6時間。
クラブ活動は、飛び出した7校時目とも言える。
そこに割り込む勇気はない。

しかし、行事で消える時間があったとしても、せめて通年で時間があればと思う日々が続く。

これからはタブレットの活用が大きな課題となる。
そんな時だからこそ、最低、通年で時間が欲しい。

そうすれば、もっといろいろできるのに・・・。